プチ援とは何かを知れば割り切りの幅を広げて様々なプレイを楽しめる

プチ援とは何かを知れば割り切りの幅を広げて様々なプレイを楽しめる

プチ援とは

皆さんはプチ援という言葉をご存知でしょうか?出会い系サイトなどを利用して出会いを探した事がある方は見聞きした事はあると思います。プチ援という言葉は出会い系サイトなどで使われる隠語となっています。プチ=少し、援=援助という二つの言葉を足して出来上がっています。
援助交際という部分では割り切りの出会いと似ている部分もありますが、様々な違いもあります。プチ援で上手に遊ぶためには、ワリキリとの違いやプチ援の種類やメリット・デメリットなどについて知っておかなければなりません。それでは一つずつ見ていきましょう。

割り切りとの違い

まずは割り切りの出会いとの違いについて説明させていただきます。大きくは本番行為(セックス)が無い事が挙げられます。この為にプチ援は低年齢層がお小遣い稼ぎとして利用している事が多くなっています。また、本番行為が無い事が罪悪感を少なくしているので主婦層がプチ援をしている事も多くなっています。
他には本番行為が無い為に割り切りの相場が非常に安価である事が割り切りとの違いになっています。

プチ援の種類

次はプチ援の種類について見ていきましょう。
プチ援の代表的なものは、手コキだけで射精に導く「手割り」、フェラチオだけで射精に導く「口割り」の2つがあります。この2つは車内などでも行う事が出来るので、わざわざホテルに行く手間が省けます。
手割り・口割りには色々なオプションが付けられます。例えば、キス・お触り・口内射精・ごっくんなどがそれにあたります。このオプションを付けていくとプチ援の金額が上がっていきます。
本番行為が無いという事を考えると、素股などもプチ援に含まれます。但し、素股の場合はホテルに行かなければならないので、素股という条件で相手を探している女性は少ないと思います。最初は本番行為が無い素股でのプチ援の約束でも、ホテルに行って行為中に男性が我慢出来なくなり、強引に本番行為を強要される事を避ける為です。

プチ援のメリット・デメリット〜男性編〜

次はプチ援をする場合の男性にとってのメリットとデメリットについて見ていきましょう。
メリットとしては、安価で短時間で性欲処理が出来るという点でしょう。プチ援の相場は、手割りで3〜5K、口割りで5K〜7Kとなっています。割り切りであれば、ホテル代なども含めると1回20K位は掛かってしまいます。他にも本番行為が無い為にセックスの上手い下手を気にしなくても良いというメリットや、お互いの気が合えばそのままセックスに落ち込む事が出来るというメリットもあります。
デメリットとしては、本番行為が無いために物足りないと感じる事が挙げられます。他にも本番行為が無いので18歳未満がプチ援をしている事が非常に多くなっています。管理体制がしっかりとしている出会い系サイトなどを利用すれば18歳未満と関わる事は無くなるのですが、SNSアプリなどを使ってプチ援相手を探している場合は十分に気を付けなければなりません。18歳未満と関わった事が公になってしまうと必ず罪に問われるだけでなく、社会的地位も同時に失ってしまう事になります。その様な事にならない為には少しでもおかしいなと感じたら、身分証明証などで確認する様にしましょう。

プチ援のメリット・デメリット〜女性編〜

今後はプチ援をする女性にとってもメリットとデメリットについて見ていきましょう。
一番のメリットは本番行為が無いという事です。本番行為が無いのでお小遣い稼ぎの感覚で手軽に行う事が出来る事、妊娠するリスクが無いという事が挙げられます。性病に関しては、フェラチオでも感染するので間違いがない様にしましょう。
本番行為が無いという事は決まったパートナーがいる方でも浮気をしているという罪悪感が少ないという事になり、メリットとして捉えている方もいるでしょう。
デメリットとしては、ある程度数をこなさないとたくさん稼げないという事が挙げられます。大体、本番ありの割り切りの1/2ですので、倍の人数をこなさないといけません。相手の男性を探すだけでも時間が掛かってしまいます。
他にも手割りのプチ援で会う約束をしていても、強引に口割りやセックスに持ち込まれてしまうリスクはあります。自分の身は自分でしか守る事が出来ないので十分に気を付けておきましょう。

男女共に登録無料

安心してお相手が探せる優良サイト

トップへ戻る