割り切りの意味とは何かを知り恥をかかずに交渉をすすめよう

割り切りの意味とは何かを知り恥をかかずに交渉をすすめよう

割り切りとは

皆さんは「割り切り」という言葉を聞いて、どの様な事を頭に思い浮かべるでしょうか?日常の色々なシーン、例えばビジネスシーンでも「今後、御社とは割り切った関係でお付き合いさせていただきます」といった様に割り切りという言葉が使われることもあります。
但し、割り切りという言葉が男女の出会い、特にインターネット上で使われる場合は、その言葉が持っている意味合いが変わるので注意しなければなりません。
ここでは、割り切りという言葉が持っている意味を十分に理解して、上手に出会いを見つけていく方法について、詳しく見ていきましょう。

一般的な割り切りの定義

まずは、割り切りという言葉が一般的に使われる場合を見ていきましょう。男女の間で一般的に割り切りという言葉が使われる場合は「割り切った大人の関係」「体だけの割り切った関係」の意味合いで使われる事が多くなっています。
分かりやすい関係性だと「セフレ」がこれにあたります。お互いに深く干渉せず、一切の感情を持たずに、ただ肉体関係だけを求め合う割り切った関係の事を指しています。

インターネット上での割り切りの定義

しかし、割り切りという言葉がインターネット、特に出会い系サイトなどの場所で使われる場合はその言葉が持っている意味合いが変わってきます。この場合は体だけの割り切った関係である事は同じなのですが、肉体関係を持つ度に“お金のやり取り“が発生します。つまり、お互いの感情を割り切る為に「お金」が必要になります。
ここが、割り切りという言葉が一般的に使われる場合と大きく違っている部分です。

割り切りは合法?違法?

インターネット上の割り切りの出会いに、金銭のやり取りが発生すると聞くと、「売春じゃないの?」という事を心配される方もいらっしゃると思います。
結論から言いますと、割り切りは違法ではありません。もちろん売春行為は違法にあたります。という事は「割り切り≠売春」という事になります。2つの違いをもう少し詳しく見ていきましょう。
2つの違いは売春行為をする人物(主に女性)がその相手を自由に選べるかどうかという事になります。売春の場合であれば、肉体関係を持つ男性は管理されている会社からの指示で決められて、自分の意思ではありません。生理的に無理な場合でも男性との肉体関係を断る事は出来ません。
これに対して、割り切りの場合は女性自身の意思で相手を選ぶことが出来ます。自分に合う人がいなければ全て断る事も可能です。ここが2つの大きな違いとなっています。

割り切りの出会いで生じる誤解とは

割り切りの出会いで生じる誤解で一番多いのは、男女間での認識の違いです。出会い系サイトを利用している男女間でしばしばこの認識の違いは生じてしまいます。
割り切りという言葉は出会系サイト内で利用される隠語なので、あまり使い慣れていない男性は一般的な意味と勘違いしてしまい、実際に会ってセックスをするとお金が掛かる事にビックリします。これがセックスをする前であれば良いのですが、セックスをした後だとトラブルに発展してしまうケースもあります。
トラブルに発展しない為に事前に確認をする事をおススメします。

割り切りと類似している関係

最後に割り切りと類似している関係について見ていきましょう。割り切りという言葉の認識の違いによって、セフレという関係と勘違いされる事が多い事は先程も説明させていただいた通りです。
また、売春と割り切りが似ているものの、実際は全くの別物で割り切りには違法性が無い事も説明させていただきました。
この他にも、月に多額のお金を渡したり、マンションを買い与えたりする見返りに肉体関係を持つ愛人関係などがあります。金品を渡す見返りに肉体関係を持つという部分では似ていますが、1回限りということは無く、長期的な関係である事が割り切りとは少し違っています。

男女共に登録無料

安心してお相手が探せる優良サイト

トップへ戻る